K-POPにはまった私

久々の晴れで、嬉しい一日でした。

 

突然ですが、私の好きなものの一つが、K-POPなんです。

いいですよ。ほんとに。

 

韓国のグループが日本のメディアに出てるのを見ると、日本でも再びブームが来てますよね。TTポーズで有名なTWICEはMステに出るし、BillBoardで韓国人アーティストとして初めて賞を取った防弾少年団も、日本でツアーを終えたばかり。(行きたかった!)

 

語りたいことがたくさんあるので、とりあえず箇条書きにしてみると。。。

  1. そもそもなんで私がハマったか
  2. K-POPのここがいい!
  3. 学べることがたーくさんあるんです
  4. 韓国語を学びはじめて早4か月目。感想。

上から一つずつ消化していきましょう。

今日は「そもそもなんで私がハマったか」

 

元々、K-POPに興味はなかったです。うちの母親が10年以上韓ドラを見続けているにも関わらず、周りが東方神起やKARAにはまっている時でも、なんとなく避けていました。

 

その当時は韓ドラの面白さも、K-POPのよさにも気付けていなかったです。それよりも、ゴールデンにやっているお笑いを見て、ゲラゲラ笑っている方が好きだった。

 

時は流れ2016年。私はアメリカへ半期留学をします。そこで出会った韓国人の女の子達と、とても仲良くなりました。だからハマったか?実はそこじゃないのです。

きっかけをくれたのは、なんとサウジアラビア出身の女の子たちでした。

 

彼女達の家へ遊びに行った時見せられたのが「防弾少年団

「なんだこの凄いダンス!?歌もかっこいい!まず、この人たちがイケメン!」という感じで、衝撃を受けました。私が知っているK-POPのイメージと違ったんですよね。

 

自宅へ帰った後、防弾少年団のMVをあさりましたね。どれもいい。かっこいい。韓国語だから何言ってるのか、全然分からないけど、でも、いい。

 

あのバリバリかっこいいステージとは違って、普段のメンバー達一人ひとりの魅力を知っていくうちに、どっぷりはまってしまいました。ほんとに可愛い。癒し。

 

アイドル達はデビューするまでに、長い練習生期間を経ています。下積み時代ですね。

その努力の過程を知っていくうちに、好きになっていってしまう。応援したくなる。

そう、応援したくなるんです。

 

さらに、彼らはツイッターなど、SNSを使って頻繁に私たちとコミュニケーションを図ってくれます。そしてその度に、「応援してくれてありがとう」「愛してる」「ファンのために頑張る」と、気持ちを表現してくれます。恥ずかしくなるくらいですが、その姿勢が私は本当に大好きです。

 

やっぱり、「ありがとう」と感謝されると、気分が良くなりますよね。

感謝の気持ちを忘れずに、あったら、さらにそれを言葉に出して伝えることが大切ですね。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

しっかし、イケメンやなー。